090-4622-0540

お問い合わせはこちら

セキュリティー

ピアノアルバのWebサイトは暗号化した通信手段を使用しております。

先日競合他社のウェブサイトをリサーチしていて気がついた事をお伝え致します。

個人情報を守る

近年大企業の顧客情報が漏洩して話題になった事件がいくつもありました。
それから世の中がインターネットを介した個人情報の取扱いが慎重であるべきであるという常識が根づいて久しくなりました。
電子ピアノ買取のWEBサイトを運営する会社はお客様の氏名、住所、電話番号、引取りの際の在宅状況等大切な個人情報を取り扱いますので然るべき対応をするのが常識となりました。

常時SLL化

常時SLL化とは簡単に説明すると暗号化した通信で第三者からの盗聴や盗み見を防ぐ方法です。
例えると暗号化していない通信とはハガキでのやりとりで暗号化した通信とは封筒に入れた手紙でのやりとりだと思って頂ければイメージがつき易いと思います。

日常に潜む落とし穴

ピアノアルバでは新品の卸値をベースに買取価格と徹底的な市場調査で電子ピアノの買取価格を設定しており、同業他社のウェブを見させて頂き良いWEBサイトを参考にさせて頂いたりしながらサービスの向上を目指しておりますが、一見しっかりとした作りのウェブサイトでもセキュリティーが脆弱である事に気が付きました。
お客様の個人情報を取り扱う電子ピアノ買取のサイトでは常時SLL化が当たり前だと思い見落としておりましたが、暗号化していない通信を使用しているサイトが未だに大多数である事に驚きました。

安全なWEBサイトかどうか?の見分け方

お使いのブラウザ上部のURLを表示している所にhttps://から始まるURLが暗号化されている通信となりhttp://は暗号化されていない通信となります。
またURLの横に鍵マークが表示されているサイトは暗号化されております。

まとめ

個人的にアコースティックピアノを売却しようと思い少しでも高く売りたいので合い見積もりする為に10社一括査定サイトを利用した事がありますがピアノの業者からの見積もりが終わった後にしつこく何度もメールが来たり、身に覚えの無い引越し業者から営業の電話やメールが来たりと嫌な思いをした事があります。例え一括査定サイトが常時SLL化されていたとしてもそこから連絡がゆく提携買取業社のセキュリティーが脆弱な場合そういった事が起こりえます。クレジット決済をする訳じゃ無いからセキュリティーがしっかりしてなくても大丈夫と思ってもcokie等の閲覧履歴などの情報も知られてしまう可能性がありますのでしっかりと暗号化されたサイトを利用してトラブルを避けるのが良作だと思います。

 

 

MENU