090-4622-0540

お問い合わせはこちら

電子ピアノ処分

使わなくなった電子ピアノをどうして良いか分からない方は多いようで電子ピアノを専門として扱っていないリサイクル店や不用品回収の業者に任せてしまう方も多い事でしょう。
不要品回収の業者さんは電子ピアノを基本的に買取しなくて料金を受け取って回収した電子ピアノを買取ってくれないかと相談を受ける事も有りますし、広く広告を出しているリサイクル業社に問い合わせたら二束三文の見積もりを出されて慌ててインターネットで見つけたピアノアルバにご相談を頂く事も有ります。10年以上前の電子ピアノだから買取って貰えないと諦める前にピアノアルバにご相談くださいませ。

電子ピアノを処分する場合は?

平成13年に特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)が始まり、有用な部品や材料をリサイクルして廃棄物を減らし資源の有効利用を推進するための法律が制定されました。電子ピアノは家電リサイクル法の対象では有りませんが、お住まいの行政の指定する方法(有料)で処分する事になります。
ピアノアルバがある川崎市の場合ですと指定の処分料を支払い回収日に指定の場所に出す流れとなりますが、重い電子ピアノを建物の外の指定の場所まで移動させるのが大変なので不用品回収業者に以来すると処分は無料だけど運搬の費用が掛かったり搬出の料金が掛かる場合もございます。

電子ピアノを処分する前に電子ピアノ買取専門店に相談する

他の大型家電もそうですが処分するのには手間もお金も掛かってしまいます。
お手持ちの電子ピアノのモデル名と年式を確認して09046220540  に電話をして頂ければモデルや年式によって買取価格がつく場合もありますし、製造から20年近い商品でも無料で引き取る場合もございます。

少しだけアクションを起こすだけで搬出の手間とお金を掛けて処分して只のゴミにしてしまう電子ピアノ、プロに搬出・運搬を任せてお金を掛けてゴミにしようとしていた電子ピアノが現金に変わり尚且つこれからピアノを始めようとしている方の役にたつかもしれません。この違いは大きいですよね。

即日・夜間でも対応

電子ピアノを行政が指定する方法で処分する場合は月2回の指定日に合わせて出さなくてわいけません。
引越しが近く色々とやらなければいけない事があるタイミングだと指定日に合わせるのが難しいであろう事は想像につくと思います。
ピアノアルバにご相談頂き買取可能な電子ピアノであった場合ならいつでもご都合の日時でスケジュールを調整してお伺いし、仕事が忙しく日中の対応が難しい方にも対応できる様に夜間や引越し先に持って行こうとしたけど、直前に輸送コストが高くて手放す様な緊急の場合でも対応いたします。

処理困難物扱いの100kgを超えるハイブリッドピアノでも対応

行政のホームページで粗大ゴミを調べると、粗大ゴミとして出せないものに重量が極めて重い物(100kg以上)と記載があります。
重量が重い昔の電子ピアノや上級モデル、ハイブリッドピアノ等は粗大ゴミとして出せないという事になってしまいます。
重い電子ピアノを人の手を借りたりしてようやく指定の場所に出して、重量が重過ぎて粗大ごみとして取り扱えませんという事になると大変ですよね。
ピアノアルバではハイブリッドピアノはもちろん買取の対象となりますので以上の様なトラブルになる事も有りません。

電子ピアノを手放す時は引越しを控えていたり、新しいピアノや電子ピアノと入れ替えるタイミングが多く電子ピアノを粗大ゴミとして処分するのが大変なタイミングと言えるでしょう。そんな時こそ電子ピアノ買取専門店のピアノアルバにご相談頂ければきっとお役に立てるはずです。

 

限りある資源を活用しより良い世界を

ピアノアルバは持続可能な世界を目指して限りある資源を有効に使い、次の世代にゴミだらけの地球を渡したくないという思いで活動しております。
ゴミが溢れる地球より音楽に溢れる地球を目指し
これからピアノを始める方へ電子ピアノを受け継いで音楽という文化を育みたいと思います。

 

 

MENU